矯正症例 スペース不足で出っ歯の症例①(床拡大装置)

 

矯正 症例 スペース不足 出っ歯 床拡大装置

小2の女の子です

家族4人でずっとお越しいただいているご家庭のお嬢さんです。4歳ごろから検診でいらっしゃっていました。顎はそんなに小さくないのですが、永久歯が生えだすと歯が大きくスペースが足りなくなりました。乱杭歯になるのではなく前歯が前に出てきましたので、出っ歯の原因のスペース不足を解消するために顎を拡大し、拡大の装置の前歯のところにワイヤーを一本追加することで拡大と同時に前歯を引っこめました。適切な時期に原因である顎の大きさを解決できたため歯を抜かずに済んだのも良かったですね。現在中学生ですが、ハキハキしておしゃべりの楽しいお嬢さんで定期健診でいらっしゃるのをたのしみにしています。
全記事