矯正症例 指吸いから舌突出癖そして開咬になった症例

 

指吸いは、4歳ごろまでに止めればあごの骨の変形も自然治癒する可能性が高いのですが、それを超えて続けていると唾をのむときに舌が前に出て前歯の隙間を埋める癖に移行するため、あごの変形が進みます。

その場合でも、舌が出ないように矯正装置を入れれば歯に触らずあごの変形が直せます。顎の変形は成長と共に悪化するので早期の治療が有効です

矯正 症例 開咬 舌突出癖 指吸い

矯正 症例 開咬 舌突出癖 指吸い

  全記事