矯正症例 小児の受け口(反対咬合)③ライトワイヤー

矯正症例 小児の受け口(反対咬合)③ライトワイヤー矯正症例 小児の受け口(反対咬合)③ライトワイヤー矯正症例 小児の受け口(反対咬合)③ライトワイヤー

反対咬合の早期治療です

•ご本人も「いかにも受け口」という顔立ちではなく、ご家族にも受け口の方がいらっしゃいませんでしたが、前歯の生え変わりで受け口になってしまいました。歯並びや骨格の不正は放置すると成長と共に悪化するので早期に改善することが大切です。
•6歳臼歯と前歯のみに装置をつけ上の前歯を下の前歯の前に出しました。治療期間6ヵ月
•受け口の場合、上の顎が小さく、下顎は十分な大きさがあることが多いので、この方法で上の顎のアーチを前に膨らませると結果的には、受け口が治るのみならず上の歯が並ぶスペースが獲得されるので、約半年のこの治療のみで受け口も歯並びもきれいになってしまうことが多いです。痛みも治療期間も費用も少ないにもかかわらず、得られる成果の大きい治療です。
  全記事