歯科衛生士募集 5年後あなたはどんな女性になっていたいですか?

 5年前の春、二人の女の子が病院実習や膨大な量のレポートや試験勉強を乗り越え、歯科衛生士学校を卒業し、国家試験にも合格し歯科衛生士になりました。この二人は共に明るく優しい性格で友達が多く、学生時代には勉強や実習で苦労もしましたが、勉強も遊びも全力で楽しんでいました。

 A子さんは今、林歯科医院で担当患者様の生活を豊かにするため、衛生士本来の業務である歯周病の治療やメインテナンスを行うかたわら、幹部スタッフとして各種セミナーへの参加や後輩の指導を頑張っています。頑張り屋で前向きな性格の彼女は院長の他、ドクター達や先輩から絶大な信頼を寄せられ、後輩たちにも慕われています。3か月ごとに必ず来院して下さる担当患者様の中には彼女のファンも少なくありません。一方プライベートでは、旅行好きの友達とお互いのお休みを調整し6連休や8連休にして海外旅行に行くことにはまっています。旅行の帰りの飛行機の中で「次はどこへ行く?」と盛り上がります。普段のお休みにはヨガなどの習い事やショッピングに出かけたりして自分磨きにも余念がありません。職場でもプライベートでもいつも笑顔でキラキラ輝いています。

 B子さんは卒業後すぐ、自宅近くの歯科医院に勤めました。院長と受付兼助手の先輩3人とパートの衛生士さん1人の一般的な歯科医院です。勤めてみると歯周病の治療や予防分野が弱く、学生時代に習ったキュレットを使いたいのに、超音波スケーラーと鎌形スケーラーしかありません。せっかく衛生士の資格を持っているのに洗い物やアシスタント業務しかさせてもらえませんでした。スタッフルームでは「不平・不満・愚痴・文句」のオンパレード。院長の悪口だけならまだしも、スタッフ同士仲が悪くお休みの人がいるとその人の悪口で盛り上がります。パートの先輩衛生士さんは子育てに忙しく年齢も離れているため、相談に乗ってもらえる雰囲気ではありません。1年半我慢しましたが退職し次の職場を探しました。「キュレットが使えない。勉強をしていない。歯石が取れない」「歯科衛生士業務がちゃんとできない。」ことがコンプレックスになり、最新の治療を行っていそうな歯科医院に面接に行くのは気が引けました。結局また一軒目と似たような歯科医院に勤めましたが、仕事に面白さを感じることは出来ず、ただ診療時間が終わるのを我慢して待つような日々を過ごしています。

なぜ二人の歯科衛生士さんの生活はこうも違ってしまったのでしょうか?

彼女たちは元々能力に大きな差があったのでしょうか?
いえ違います。

彼女たちは二人とも厳しい実習や試験に堪え国家試験に合格した優秀な人材です。また優しい性格で友達にも好かれ、また「患者さまの役に立ちたい。」「一生続けられる仕事がしたい」との想いから歯科衛生士になることを決意した前向きな女性でもありました。
ただ違うのは「どのような歯科医院に就職したか。」という事です。

 学校を卒業し、社会人になった女性にとって自分を磨き成長する為に精一杯頑張れる時間はそう長くはありません。残念ながら結婚してしまえば、仕事を続けるにしろ家庭に入るにしろ、家族の為に自分の時間を犠牲にしなければなりません。そうならば結婚するまでにしっかり歯科衛生士として、医療人としてのスキルを身に着け、いつでも、どの地域であっても、自分が再び働きたいと思った時に自信を持って仕事を再開できるよう、また一人の女性としても、結婚してからでは難しいかもしれない様々な体験をすることを通して成長しておかなければなりません。だからこそ「どのような歯科医院に就職するか」という事を真剣に考えてほしいのです。

 林歯科医院は「高度の治療・自分が受けたい治療、親や子供に受けさせたい治療」を行い、さらに「予防中心の歯科医院」を目指しています。そのためには予防と歯周病治療のスペシャリストである歯科衛生士さんが重要です。そして林歯科医院にはチームメンバーを大切にする文化が根付いています。大切なチームメンバーだからこそ衛生士さん達の人生をバックアップするシステムがあります。

 ここからは実際に林歯科医院で働いている歯科衛生士さん達に挙げてもらった「林歯科医院で働く事のメリット」についてお話します。

【1】技術を磨く

●先輩衛生士さんの存在

 現在三重県には歯科医院が900件ありますが、働いている歯科衛生士さんは1500名程度しかいません。つまり1医院に平均2人はいないのです。自分のほかに教えてくれる先輩たちがいない医院と違い、当院ではベテランから若手まで7名の衛生士がいます。技術の話、患者様とのコミュニケーションの取り方の話、歯科医療従事者としてのあり方から各ドクターの攻略法(笑)までを先輩衛生士さんそれぞれから教えてもらえます。他の歯科医院からの再就職の場合でも再就職して林歯科医院で頑張っている再就職経験者が複数いますので安心です。優しい先輩衛生士さんたちが全力でバックアップしてくれますよ。

●担当衛生士制・予防専用ユニット

 衛生士さん専用のユニットがあり、担当衛生士制がとられています。歯周病治療の患者様や予防(メインテナンス)の患者様には、先ずドクターから担当衛生士さんが紹介されます。名刺をお渡しし笑顔で挨拶を交わしてから治療が始まります。患者様は担当衛生士さんに診てもらうためだけにご予約を取り来院してくださいますが、長くお付き合いして行くと最初は歯周病で悩んでいらした患者様がすっかりきれいな口腔内になり「○○さんのおかげきれいな歯になって嬉しいです。ありがとう。これからもずっとよろしくね。」と感謝の言葉をかけてくださったりします。「歯科衛生士になって良かった。」と実感する瞬間です。

●教育カリキュラム・各種マニュアル・担当指導衛生士制の充実

 「見て覚えろ」式の教育システムではなかなか技術を習得できないばかりか、まだ習っていないことをするように言われて困ってしまったり、無理してやって失敗して怒られるなんて理不尽なことが起きますが、現在林歯科医院では、指導担当の先輩衛生士さんたちが新人教育カリキュラムに沿って一つ一つ丁寧に教えてくれます。そして歯科医師たちが「新人が今どこまでできるのか。」「何が次の課題なのか。」を把握し、できないことを頼んで自信を無くすことがないように指導担当衛生士およびチーフから毎週報告がされるシステムになっています。

●各種セミナーへの参加

 参加したいセミナーがあれば是非院長や先輩に相談してください。医院で全面的にバックアップします。ちなみに今年の新人衛生士さんはスケーリングの基礎を学ぶ「MintSeminarベーシックコース」に参加予定の他、医療人としてのあり方を学ぶ「新人育成塾」にも他職種の若手たちと4人で参加しています。歯科医院から飛び出して新しい知識を吸収するのも良いですし、同年代のスタッフでセミナーに参加して仲良くなるのも良いですね。

●分業制

 林歯科は、滅菌・消毒のスタッフがいますし、受付も専属です。ですから衛生士は衛生士業務に集中して働く事が出来ます。

【2】頑張るためにリフレッシュする=福利厚生の充実

 林歯科医院では大切なチームメンバーのため福利厚生にも力を入れています。その一例として、厚生年金・有休がとれる・2週間で5日の公休(年間130日以上)・1分単位の時間外(昼休みの時間外もカウントしている) サービス残業なし・スタッフが多いので病欠が可能。誰かが困ったときは、チームみんなで支えてゆく文化などを大切にしています。 歯科医院は有給なんて取れない。遅い時間までサービス残業は当たり前という評判をどこかで聞いて心配なさっているかもしれませんが、どうぞご安心ください。

●有給が取れる

 ほとんどの歯科医院では有給があってもなかなか取りにくいのが現状だと思いますが、林歯科医院ではスタッフが多いため有給が取れます。法定通りの日数の取得が可能で、勤務年数によって最大20日まで取得可能です。(旅行・遊びなど使い方は自由です!!)今年も連休にしてハワイに行ったスタッフや石垣島やタイに行ったスタッフがいます。

●制服が2種類あり、毎年変わります

 女の子はみんなオシャレが好きだと思います。医院によっては何年も同じ制服を着続けることが多いと思いますが、林歯科医院では年に1回みんなで制服を考え選んで変えています。ですから同じユニフォームは2年間(実質は毎年変更)着るだけです。

●2週5休のシフト制で休みが多い

 歯科医院のお休みは、木・日が多くなかなか友達と休みが合わない…という事が多いと思いますが林歯科医院はシフト制で、2週5休とお休みが多く、お休みの曜日も融通がききます。年間休日は130日以上と業界トップクラスです。スタッフの中には、ご両親に「休みが多すぎるけど本当は正社員じゃあないだろう。」とからかわれ続けている人もいるほどです。

●スタッフみんな仲がいい!!

 職場の人間関係は気になる所だと思いますが、本当にみんな仲がよく派閥などありません。昨年はみんなでオリジナルのTシャツを作りスポーツ大会をして盛り上がりました。 これからも、もっとみんなで楽しめるイベントを考えて行きたいと思います。

●患者様を一番に考えた治療

 他の歯科医院から転院していらした患者さまの口腔内を見て愕然とすることが頻繁にあります。「なんでこんないい加減な治療が許されるのか!」と腹立たしく思うのを通り越して悲しくなってしまうことがありますが、林歯科医院では「自分が受けたい治療、親や子供に受けさせたい治療」を合言葉に「バカ正直にきちんと」治療します。自分の家族・友達に自信を持っておすすめ出来る歯科医院です。

●慰安旅行が毎年海外

 年に一回の慰安旅行は毎年海外旅行です。仲の良いスタッフみんなで行く旅行はとっても楽しいですよ。今年はバリ島ですが、2週間後にAIPECがバリ島で開催されるため、宿泊予定のホテルには日本領事館から政府関係者の団体予約が入っているそうです。来年はどこでしょうね?ぜひパスポートは10年用を作ってください。あっという間にたくさんの国のスタンプでいっぱいになります。過去の慰安旅行例・香港2回、グアム2回、サイパン、ソウル、オーストラリア(ケアンズ)、上海、ベトナム、台湾…

↓ ↓ ↓ 2017年の慰安旅行動画はこちら ↓ ↓ ↓

 

↓ ↓ ↓ 林歯科医院紹介動画はこちら ↓ ↓ ↓

 

 (医)尚志会 林歯科医院では現在多くの患者様にお越しいただいており、御予約が取り難い状況になっております。「高度の治療・自分が受けたい治療、親や子供に受けさせたい治療」を多くの患者様に提供し、さらに「予防中心の歯科医院」を実現するため事業拡大の予定です。
ご興味のある方は見学だけでも結構です。どうぞお早めにご連絡ください。お友達と一緒でも良いですよ。

歯科衛生士(常勤)

●診療時間
月・火・水・木・金/9:00〜12:30、14:00〜18:00
土/9:00〜12:30、14:00〜17:30
●休日
4週10休
●試用期間
3ヶ月間
●待遇
歯科医師国保、厚生年金、雇用保険、皆勤手当、通勤手当、大入り手当、昇給、賞与、有給休暇、長期休暇(GW、夏期休暇、年末年始休暇)
●給与
240,000〜300,000円 経験者優遇

 

歯科衛生士(非常勤)

●診療時間
月・火・水・木・金・土
上記の中から応相談
●休日
応相談
●試用期間
3ヶ月間
●待遇
歯科医師国保、厚生年金、雇用保険、通勤手当、昇給、長期休暇(GW、夏期休暇、年末年始休暇)
●給与
時給1,200円〜

 

見学、面接のお問い合わせは以下のフォーム又は直接お電話でご連絡下さい。あなたの見学を、スタッフ一同お待ちしています。

問い合わせ先 TEL: 0598-42-7272

*印は入力必須項目となります。

歯科衛生士からのご案内

歯科衛生士募集中!(常勤・パート)
見学歓迎、随時受付中!
問い合わせ先: 0598-42-7272

林歯科医院は、歯周病の治療や予防にとても力をいれています。

歯周病治療や予防の最前線で活躍するのが歯科衛生士さんです。

現在当院には14名の常勤歯科衛生士がいますが、もっと充実させていくためには

多くの歯科衛生士さんの力が必要になります。

是非あなたも当院で一緒に働きませんか

ご連絡をお待ちしています。 

歯科衛生士からのメッセージ

歯科衛生士からのメッセージ_先輩歯科衛生士の声