インプラント装着後のメインテナンス

インプラントは、入れ歯やブリッジよりも長年に渡って使い続けることができますが、歯や骨の状態、かみ合わせや全身の健康状態などのバランスが崩れてしまうと、長持ちさせることはできません。

インプラントを口の中で良好な状態に保つためには、治療後のメインテナンスが大切です。

インプラントは定期的なメインテナンスが必要です

インプラントはチタンなどの金属でできているのでむし歯にはなりません。
しかし、磨き残しによって付着した細菌がインプラント周囲の組織に悪影響を及ぼし、インプラント周囲炎(歯周病)を引き起こすことでインプラントが使えなくなってしまうことがあります
インプラント周囲の組織の変化は自分では気がつきにくく、異常に気づいた時にはかなり進行した状態で手遅れになってしまう場合もあります。このような症状を早期発見・早期治療することが定期メインテナンスの大きな目的のひとつです。

長持ちさせるには正しいブラッシングが大切です

「磨いている」と「磨けている」とでは違います。毎日磨いているつもりでも、それが自己流になってしまっていて磨けていない部分がある場合があります。
インプラントのケア方法は、天然の歯と同じく毎日の歯磨きが基本です。ただインプラントは天然の歯と構造が違います正しいブラッシングをきちんと行うことが大切です。また、歯ブラシだけでは、歯と歯の隙間の汚れを落とすのは難しいのでインタースペースブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使用しましょう。

定期メインテナンスで行うこと

*インプラント本体と周囲の検査
*磨き残しのチェック
*歯石の除去
*かみ合わせの検査
*ご家庭でのブラッシングの指導
*PMTC

などなど・・・

林 尚史院長 

「気になることがありましたら、何でも気軽にご相談下さい」