開咬(かいこう)とは?

開咬(かいこう)とは、別名オープンバイトともいわれ、上下顎の歯を咬み合わせた時前歯や、奥歯が咬み合わず空間ができている状態です。遺伝的ものの他に、乳幼児期のおしゃぶり癖や指すい、舌を前歯に強くあてる癖など、子供の頃の癖が原因で生じることが多いといわれています。開咬(かいこう)は、成長期に徐々に現れてきます。学校の検診などで指摘されて初めて気が付いたと言う患者様も多く、前歯が咬めない咬み合わせが不正咬合なの?と言う方もみえると思います。

開咬は不正咬合で、開口によるお口の中への影響もあります。

開咬の原因は??

遺伝によるもの

開咬は、下のアゴが下方向に向かって成長したため、アゴ先が長くとがった形をしている場合が多いです。特徴的なアゴの形をした子供さんの両親を見ると、お父様か、お母様が似たような骨格をされています。こうしたことから、開咬は遺伝的な部分があり、両親のいずれかが開咬の場合、その子供さんも開咬になる確率が高いと言われています。

指しゃぶり癖、舌を突き出す癖

子供は前歯に指を強くあてて指しゃぶりをします。こうした指しゃぶり癖が長く続くと、指の力で歯が動いてしまい、歯が噛み合わなくなってしまいます。また、舌を歯にあてたり、舌を噛んだりする癖も影響します。永久歯に生え変わる時、前歯に隙間ができます。この隙間に舌を入れて強く押しあてるため、開咬になります。

日常生活の癖

普段の生活での何げない仕草、癖、習慣の中にも開咬の原因になってしまうものがあります。例えば、頬杖をつく癖。頬杖の癖があると、アゴの形が歪んできます。またタオルを口でくわえる癖や、爪を噛んだりする癖があると、前歯を強く圧迫して押し出すことになるので、開咬になるといわれています。

口呼吸

鼻呼吸は、こどもの頃に習慣化されます。しかし、風邪や鼻炎などをきっかけに、口呼吸が癖付いてしまうことがあります。しかし口で呼吸を続けていると、唇の筋肉の衰えや口腔内の筋肉のバランスが悪くなり、舌の位置も変わってきます。こうした口呼吸が開咬につながるといわれています。

 

開咬の影響は??

お口の中が乾燥して虫歯や歯周病になりやすい

口を上手く閉じる事が出来ないため、常にお口が半開きの状態になってしまいます。すると、お口の中が乾燥し、唾液の分泌量も少なくなり、そのため汚れや細菌がお口の中に残って虫歯や歯肉炎を起こしてしまいます。

 

食べ物をしっかり噛み砕けなくなる

前歯がしっかり噛み合わないため、噛む機能が低下してしまい食べ物を上手く噛み砕けなかったり、食べ物をスムーズに飲み込めず嚥下(えんげ)障害が起きたりします。また、いつも奥歯で噛み砕くようになるため、歯やアゴの骨、顎関節などに過度のストレスがかかったり、前歯には力を分散させる働きがあり前歯が噛むことで奥歯に負担がかからない様にしています。なので、前歯がかみ合わないと奥歯が悪くなってしまう可能性が高くなります。日本の歯科調査で80歳で20本以上の歯が残っている8020達成者の中に開咬の方はいなかったそうです。そのほかにも歯と歯の間から言葉が漏れてしまい、発音にも影響がでたりします。

 

でも、大丈夫です!!開咬は矯正治療で治ります。林歯科医院でも治療を行っています。

健康な口の中を維持するためにも正しく咬める事はとても大切ですね。

歯科衛生士 岩田香織