矯正中磨き方のコツ

こんにちは、林歯科医院スタッフ長谷川です。

今回は矯正治療中の患者様に磨き方のコツなどを簡単に説明しようと思います。

矯正治療が始まると、装置を取り付ける前と比べて、丁寧に歯磨きを行う必要があります!!

装置を付けた口の中は食べカスがとても残りやすい状態になるので、今までのように普通に磨いていただくよりも時間とコツが必要です!!

 

歯に付いた食べカスや磨き残しは、時間が経つと『プラーク』とよばれる細菌のかたまりになります!虫歯や歯ぐきの炎症の原因となってしまいます。

虫歯や歯ぐきの治療で、治療期間が延びてしまわないように、毎日の歯磨きでお口の健康を守りましょう。

 

矯正中のケアに使用するブラシは

①インタースペースブラシ

②歯間ブラシ(Sサイズくらい)

 

 

ワイヤーの下にインタースペースブラシを入れ、ブラケット(歯についている装置)に沿ってしっかりブラシを当てましょう!

インタースペースブラシ☆

 

 

 

角度を意識して、鏡を見ながら当てます(手鏡)ゆっくり座りながら時間をかけて磨きます。

 

 

 

歯間ブラシ☆

 

 

しっかりブラケットに沿って当てます!

 

 

 

歯間ブラシは360度ブラシが付いているので、動かすだけでごっそり汚れがとれます!忙しい時や歯ブラシの苦手な方にもオススメです!

 

 

☆☆☆林歯科のブラケット(歯につける装置)やワイヤーは目立ちにくい歯と同じ色のものを使用しております!

 

硬い食べ物(おせんべいなど)や歯にくっつきやすい食べ物(ガム・キャラメル・お餅など)は、矯正装置の破損や変形などの恐れがありますので、控えましましょう!

外出中やどうしても時間が無いときは、デンタルリンスや水でうがいし、少しでも歯の汚れを落としましょう。

(歯磨きは歯並びや歯ぐきの状態によって、合った磨き方がありますので、わからないことがあれば、先生、スタッフにお聞きください)

時間をみつけて、必ず一日に一度は丁寧に歯磨きをしましょう!

 

歯科助手 長谷川