乳歯がぐらぐらしたら

「乳歯がぐらぐらなんですがどうしたら良いでしょうか?」と言う質問をお母様方から受けることが良くあります。お兄ちゃんやお姉ちゃんがいらっしゃる場合はもうご存じなのですが、一人目のお子さんだと、自分の歯が抜けたときのことは覚えていないので、お母さんにとって初めての経験になりますから、どうしたらいいのかわからないのは当然ですね。

 

乳歯がぐらぐらで抜けそうで歯医者に行かなければならないのは、

①    乳歯が抜けそうでグラグラして痛くてお子さんが困っている。たとえば痛くて食事ができないときや歯磨きができない時。

②    乳歯が残っているのに永久歯が頭を出してしまって、変な場所から生えてくる場合。


 

この二つです。(けがの場合を除きます。)

③    の場合良くあるのは下の歯なら永久歯が舌のある側に出てくるものや、上の歯の場合2番目の歯以外は外側(頬粘膜や唇側)から出てくる、2番目の歯は裏側から出てくる場合です。あごが小さく乳歯の時は何とかきれいに並んでいたけど、大きな永久歯が生えてくると隙間が足りないために正しい場所から生えてこられない場合になることが一般的です。乳歯を抜いてやると、外側に生えてきていた永久歯は唇や頬粘膜の圧力で内側に入ってきますし、内側に生えた歯は舌の圧力で外側に出てきます。ただどこまできれいに並ぶかは、歯の大きさと顎の大きさによるので、矯正の知識のある歯科医師に見てもらわなければなりません。

顎の大きさが不足する場合、顎の歯のあえているあたりの骨を(歯槽突起)広げてスペースを作る治療が有効ですが、個の治療にはタイムリミットがあり、舌の糸切り歯(前から3番目)の乳歯が残っているうちに行わなければなりません。一般に「小2の矯正」と呼ばれますが、歯の生え変わりは個人差が大きいので、定期的に歯医者で確認をしてもらっていることが大切です。もしかかりつけ医が矯正をやらない先生なら、矯正歯科への紹介時期が遅れるといけませんので下の前歯が4本もしくは、下の前歯4本と上の前歯2本が生えてきたら矯正歯科に相談に行かれた方が安心です。