上唇小帯切除術   

 

上唇小帯とは………上くちびると歯ぐきを繋いでいる、上の前歯の歯ぐきの中央にある『すじ』のことです。

その『すじ』が、上の前歯の中央の歯と歯の間に入り込んでいることがあります。

年齢とともに、『すじ』の位置が上の方に移動していきます。

しかし、その『すじ』が上の前歯が生え変わっても、歯と歯の間に入り込んだままになっていると、様々なことがおこってしまいます。

 

①歯並びが悪くなってしまう

だいたいの場合、歯と歯の間に隙間があいてしまい、すきっ歯になってしまいます。

②歯ぐきが腫れやすい

『すじ』により、歯と歯ぐきの間に隙間ができ、腫れやすくなってしまいます。

③むし歯になりやすい

歯磨きがしにくく、むし歯になりやすくなってしまいます。

 

必ずしも、切除しなければならない訳ではありません。

年齢、成長とともに『すじ』は、短く細くなっていきます。

自然と切れてしまうことも多くあります。

転んだ時などに『すじ』が切れることもあります。

 

ただ、上の前歯の永久歯がはえてきても、太いままで、永久歯の前歯の歯と歯の間に隙間を作るようなら、切除することをオススメします。

 

上唇小帯切除術という手術ですが………

処置は…

①いつものむし歯治療と同じ麻酔をします。

②レーザーを『すじ』にあて、切除します。

これで15分くらいで終了します。

出血は、ほぼありませんし、痛みは、出にくいと思います。

処置したその日は、おしょう油などがしみることがあるかもしれません。

 

ただ、嫌がるお子さまを、押さえつけてでもする処置ではありません。

良い時期に『すじ』を切除すれば、簡単に歯並びが治り、歯ぐきのためにも良いと思います。

気になる方は、ぜひ気軽にご相談ください‼

歯科衛生士 伊藤友美