総義歯(入れ歯)の治療 

歯科医師の水谷です。

日々の臨床の中でいろいろな課題にぶつかり、毎日頭を悩ませております。その度にいろいろな本を読んで、たくさんの先生の話を聞いて自分なりに解決策を考え、本格的な治療に入る前に院長先生と相談をして日々過ごしております。

 

歯科医師なら誰しもがぶつかる壁の一つに総義歯、いわゆる「入れ歯」の治療があります。なぜ「入れ歯」が難しいの?と一般の方々は思われるかもしれませんがこれが本当に難しい治療なのです(得意な先生もいて難しいと感じられない天才的な先生もいるかもしれませんが。。)。

 

そもそも、学生時代に色々と勉強してきた内容というのは今から数十年前くらいに考えられたようなものであり、現在の超高齢社会には合致していないことが多いのです。高齢者になると顎の骨も以上に痩せ、義歯をのせるだけの土台となる骨がないのです。土壌の悪いところに建物がたたないように、土台となる骨がないところに入れる入れ歯は難しいのです。「あなたの骨が痩せすぎていて入れ歯は作れませんね。」と断られることもあると聞きます。

 

このような患者さんにも対応できるようになりたく、とある「総義歯研究会」に所属し勉強させていただいております。先週は発表も行い(今までも何度か行っていますが)非常に有意義な1日となりました。この勉強会の先生達に指導していただきながら、昨年自分の祖母に総義歯を作成いたしました。90歳を迎えたいわゆる超高齢者です。しかしお寿司もペロリ、ステーキもペロリと食べ美味しそうに一緒に食事ができたときは感無量でした。寿司ネタのイカだけは当日はちょっと無理のようでしたが。。

写真は自分が祖母のために作成した時の写真です、良くできていると当時は思いましたが今思うと反省点も多々あります。

 

総義歯で悩まれている方々に、自分の祖母と同じように美味しいものをたくさん食べられるようこれからも研鑽してまいります。


医療法人尚志会 林歯科医院 
三重県松阪市嬉野須賀領町507-1 
0598-42-7272
http://www.hayashi-shika.com/
林歯科医院Facebook