歯磨き剤について

今回は、皆様もお使いになられている方も多い「歯磨き剤」についてお話しします。いろいろな歯磨き剤が市販でも販売されていますが、どれを選んだらいいか迷われることも多いと思います。その選択基準になる、歯磨き剤の形態と成分についてお話しします。

≪形状による違い≫
◆チューブタイプ
一般的な歯磨き剤。形状はクリーム状。製品によっては研磨剤や発泡剤、フッ化物が含まれています。
◆ジェルタイプ
形状はとろみのあるジェルタイプで、チューブタイプに配合される研磨剤がないため、歯や歯茎に優しく、電動歯ブラシなどを使用しても歯への負担は少ない歯磨き剤です。
◆液状タイプ
マウスウォッシュや洗口剤とも言い、口全体を薬用成分が配合された液体で洗浄します。

≪薬用成分≫
※医薬部外品の歯磨き剤には、薬用成分が含まれています。症状にあわせて成分を選択することで効果が期待できます。
[イソプロピルメチルフェノール(IPMP)]
殺菌作用があるため、虫歯予防や歯肉炎の予防に効果あります。
[ラウロイルサルコシンナトリウム(LSS)]
虫歯の予防や進行を抑制する効果があり、口臭の予防にも有効です。
[フッ化ナトリウム/モノフルオロリン酸ナトリウム]
酸産生を抑制することで虫歯を予防し、再石灰化を促す効果があります。モノフルオロリン酸ナトリウムは主に小児用歯磨き剤に配合されています。
[サリチル酸メチル]
歯ぐきなどの炎症を抑える効果があります。
[トラネキサム酸]
歯周病などによる出血を抑制する効果があります。
[乳酸アルミニウム/硝酸カリウム]
象牙細管を薬用成分がふせぐことによって歯がしみるのを予防します。
[ポリリン酸ナトリウム/ポリエチレングリコール]
タバコのヤニを除去する働きがあります。
[デストラナーゼ]
歯垢(プラーク)を分解・除去し、薬用成分でコーティングすることで、再付着を防ぐ働きがあります。

以上、歯磨き剤の形状や成分についてお話していきましたが、使い方や選択の仕方で疑問などがありましたら、お気軽にお問合せください。

林歯科医院 歯科衛生士 伊藤