フロスについて

今回はフロスについてお話します。
ハブラシで歯を磨いただけだと磨きにくい場所である歯と歯の間には磨き残しが出来てしまいます。この磨き残し(プラーク)は虫歯や歯周病の原因となるのできれいに取り除くことが大切です。

そこで使って頂きたいのがフロスです。

使い方

  1. フロスを約40㎝(指先から肘まで)の長さで切って、フロスの片方の端を左手中指に2~3回くらい巻き付け、反対側の端も右手の中指に巻き付けます。この時、左手と右手の間隔が10~15㎝になるようにします。
  2. 次に親指と人差し指を使って、指と指の間のフロスの間隔が1~1.5㎝になるようにピンと張るようにして持ちます。
  3. 歯と歯の間にフロスを通します。片方の歯の面を擦る様に通して、もう片方の歯の面も同じように擦る様に通してプラークを取り除きます。

毎日フロスを通していると虫歯の早期発見にも繋がります。例えば、毎回同じ場所でフロスが引っかかるとかフロスが切れるとかある場合は虫歯や詰め物が取れ掛けている可能性もあるので何か気になる事があれば相談して下さい。

また、慣れるまでは使うのが難しかったり、面倒に感じたりすると思うのでお困りの事があればいつでもスタッフに声を掛けて下さいね。

林歯科医院 歯科助手 濵名