口臭が気になる方へ

今回は、口臭についてお話しします。
口臭には4つに分けて「生理的口臭」「病的口臭」「外因的口臭」「心因的口臭」があります。

  • 生理的口臭•••寝起きや空腹時、ストレスなどの生理的な理由や加齢によっても発生するもの。
  • 病的(器質的・身体的)口臭•••口の中や体の病気に由来するもの。歯科的原因として、虫歯、歯周病、舌苔など。内科的原因としては糖尿病など。これらは原因となっている病気を治さなければ口臭は良くなりません。
  • 外因性口臭•••ニンニクやネギなどニオイの強い食品を食べたり、喫煙したときに発生するもの。
  • 心因性口臭•••本人は口臭があると思い込んでいるけど、実際には認められないもの。

生理的口臭や、病的口臭の発生原因は、その約8割以上が口の中にあるといわれています。
口臭は、口の中の食べかす、はがれた粘膜などのタンパク質を細菌が分解することで発生します。これらを予防するためには、口の中の汚れや細菌を少なくすることが大切です。
口の中を清潔に保つようにしましょう。

歯周病や虫歯菌が原因の場合
歯周病が原因で、口臭が強くなることがあります。また、虫歯が重症のときにも、口臭を発生する場合があります。歯みがきによるケアはもちろんですが、歯科医院できちんと治療をしてもらい、嫌な口臭を元から断ち切りましょう。

歯垢(プラーク)が原因の場合
口の中の汚れそのままにしておかないこと!
歯垢の中の細菌が、食べかすなどのタンパク質を分解して、口臭を発生させます。歯垢による口臭を防ぐには、丁寧な歯磨きを毎日行うことが大切です。 また、入れ歯やブリッジなどは汚れがつきやすいので、きちんと清掃するようにしましょう。

舌苔が原因の場合
舌を歯ブラシなどで優しく撫でるようにして清掃しましょう。

口臭にはどんな原因があるのかを把握し、予防策を身につけましょう!

林歯科医院 歯科衛生士 田中美沙希