歯の生え変わりについて

6歳前後から永久歯が生え始めます。
乳歯のもとになる歯胚は妊娠7~10週目につくられ,永久歯の中で最も早く生えてくる第一大臼歯(6歳臼歯)や前歯は妊娠3~5ヶ月頃に歯胚ができはじめ、時間をかけて成長していきます。

林歯科医院 歯の豆知識 歯の生え変わり
生えかわりが始まる6歳頃には、あごの中で生える準備をしています。生えはじめの歯は未完成で、歯の根まで完成するには2~3年かかります。

乳歯が抜けた際に想像してたよりも小さく根っこがないように思えたことありませんか?

それは…
永久歯の頭の部分が完成し、歯の根の部分が作られ始めると、乳歯の根を溶かす細胞が現れ、少しずつ溶かされ吸収していきます。そして乳歯の根が溶けていくと、乳歯はグラグラになり抜け落ち、永久歯に生えかわります!そのため抜けた乳歯は根っこがなく想像よりも小さい歯だったわけです。

林歯科医院 歯の豆知識 歯の生え変わり

生え変わりの時期はとにかく磨きにくい時期です。これからずっと使う永久歯です。もちろんむし歯にさせたくないですよね?

  1. 仕上げ磨きでお子様の歯磨きを手伝ってあげて下さい。永久歯が生え揃うのは(親知らず除いて)14歳頃ですが小学生の低学年まではしっかり見てあげてほしいです。
  2. 歯医者での定期検診

歯医者でむし歯のチェック、クリーニング(PMTC)、フッ素塗布、シーラントなどお口の管理をさせていただきます。

大事なお子様の歯大切に守っていきましょう!!


林歯科医院 歯科衛生士 荒井