お口のケア用品と防災グッズ

こんにちは。林歯科医院の島田かなです。
暑くなってきましたね!
みなさん、熱中症には気をつけて下さいね。

さて、最近ニュースを見ていると火山の噴火や地震など多いですね…。

いつどんな時に起こるかわからない地震。
みなさんは何か対策をしていますか?

災害対策として思いつくのは非常食ですよね!

実はお口のケア用品も重要な防災グッツのひとつなのです!!!!

では、災害時にお口の中が清潔に保てるとどんな良いことがあるでしょうか?

・誤嚥性肺炎の予防
高齢者の方はお口の中の細菌が唾液や食物と一緒に肺に入り、誤嚥性肺炎を引き起こす場合があります。お口の中や入れ歯を清潔に保つことが誤嚥性肺炎の予防になります。

・風邪やインフルエンザの予防
避難所などの集団生活で流行しがちな風邪やインフルエンザの予防にも、お口の中を清潔に保つことが有効です。

・むし歯の予防
乱れがちな食生活や、間食が原因となるむし歯から歯を守ります。

・歯周病の予防
心疾患、脳血管疾患、糖尿病のリスクとなる歯周病予防につながります。
お口の中を清潔に保つことでこんなにもたくさんの予防ができます!!
でも、避難所などで歯ブラシやお水がないときどのようにお口の中を清潔にしたら良いのか難しいですよね。
次に災害時のお口のケア方法について書かせてもらいます。

歯ブラシがないときのお口のケア
→歯ブラシがない場合は、食後に30ml程度の水やお茶でしっかりうがいをしましょう。またガーゼやティッシュなどを指に巻いて歯を拭き汚れをとるのも効果があります。
入れ歯も同じように毎食後お口から外しガーゼやティッシュなどで汚れを拭きます。

水が少ないときの歯磨き
→①水約30mlをコップに準備します
②その水で歯ブラシを濡らしてお口の中へ入れ、歯磨きをします
③歯ブラシが徐々に汚れてきますのでティッシュ(あればウェットティッシュ)で歯ブラシの汚れをできるだけ拭きます。
④最後にコップの水で2.3回すすぎます。一気に含むのではなく、2.3回に分ける方が綺麗になります。

唾液をだすことも大切です
→唾液にはお口の中の汚れを洗い流す働きがあります。水分をできるだけとり、あごの付け根=耳の真下の部分をマッサージしたり温めたりして、唾液を十分に出すよう心がけて下さい。ガムを噛むことも唾液をだす良い方法です。

みなさん!災害バックに歯ブラシやウェットティッシュ、うがい薬、洗口液なども入れておくときっと何かの時に役に立つと思いますよ\( ˆoˆ )/

林歯科医院 島田かな