口腔内写真について

林歯科医院ではお口の中のカラー写真を撮って患者様に自分自身の口の中の状態を確認してもらっています。

患者様にとって自分の口の中を詳細に見るという経験はほとんどないと思います。
顔や手足であれば自分でもよく観察できますが、口の中はそのようにはいきません。
顔や手足になにか異変があればすぐに分かりますが、口の中では分かりづらく気付くのが遅れることがあります。その結果として口の健康は、その他の器官よりおろそかにされがちです。まずは自分の口の中を把握してもらうことが大切です。

自分の口の治療についてどのようになるかという事はイメージしづらいと思います。
口腔内写真を撮ることで、自分では見ることができない口の中を見て頂き、なぜ治療が必要なのか、どのような治療が必要になってくるのかを説明します。
口腔内写真があることで患者様自身も口の中の状態を把握でき、治療の想像がつくと思います。
口腔内写真は患者様一人一人のフォルダーに保存しています。治療中や治療終了後にも写真を撮ることで、治療前と治療後の状態の変化や比較もできるのでどのように治療が進んでいるか、歯肉の改善などが明確に分かります。


不安なことや分からないことがあればお気軽にお聞き下さい。

中谷美沙希