歯周病と糖尿病の関わりについて!!

 

先日、当医院に月1回先生にお越し頂き行われているセミナーで全身疾患と歯科疾患のかかわりについて勉強させて頂きました。

そこで糖尿病との関わりについてお話したいと思います。

歯周病は以前から、糖尿病の合併症の一つと言われてきました。実際、糖尿病の人はそうでない人に比べて歯肉炎や歯周炎にかかっている人が多いという疫学調査が報告されています。

歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという逆の関係も明らかになってきました。
歯周病治療で糖尿病も改善することも分かってきています。

歯肉炎や歯周病になると歯磨きをすると出血しやすくなり、出血すると歯周病菌は血管内に侵入し全身に回ります。 血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸は血管内に残り血糖値に悪影響を及ぼします。血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔してしまうのです。

歯周病を合併した糖尿病の患者さんに、抗菌薬を用いた歯周病治療を行ったところ、血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値も改善するという結果が得られています。

さらに糖尿病になると唾液の分泌量が減少し、唾液が少なくなるという事は口の中の細菌を洗い流す作用が弱くなり、そのうえ糖尿病になると白血球の機能が低下するため細菌の数が増加しますので、歯周病になりやすく、歯周病が治りづらくなってしまうのです。

バランスのとれた食生活を心がけていますか?
自分の血糖値をきちんと把握していますか?
そしてなにより歯周病を放置していませんか?

歯周病も糖尿病も生活習慣病と言われています。毎日の食生活を含めた生活習慣を見直し、歯周病を予防する事が全身の生活習慣病を予防することにつながりますので

3ヵ月に一度は生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにしてみて下さい。

林歯科医院 伊藤かおり