噛ミング30(カミングサンマル)運動 

こんにちは!!林歯科の荒井です。

先日『ママごはん』というフリーペーパーに『噛ミング30(カミングサンマル)運動』について書いてありました。

噛ミング30運動とは??

厚生労働省がひと口で30回以上噛んで食べることを目標としたキャッチフレーズです。

ではよく噛むとどういう効果があるでしょうか??

①    肥満防止 よく噛むことで満腹中枢が刺激され食べ過ぎの防止ができます。

②    唾液の分泌 よく噛むとだ液が分泌されます。むし歯の予防やだ液に含まれるアミラーゼにより消化吸収を助けます。

③    脳の活性化 物を噛むことで脳への刺激、血流が促され脳が活性化され認知症への予防につながります

④    歯、口の機能の発達 子供の頃によく噛まずやわらかい物、噛まずの飲みで飲み込む食べ方ばかりするとあごの成長に影響し十分に発達しないため永久歯が並ぶスペース不足になってしまいます。

よく噛むことはその他にもいろんな効果があります!!

「よく噛む」ことについてのフレーズがあります。それは『ひみこのはがいーぜ』です!!

『ひ』肥満予防・・・・・よく噛むことでダイエット効果

『み』味覚の発達・・・・食べ物の本来の味がわかります

『こ』言葉の発音・・・・口の周りの筋肉が発達して発音が良くなる

『の』脳の活性化・・・・よく噛むと脳に多くの血が流れ脳の活性化をします

『は』歯の病気予防・・・むし歯、歯周病予防

『が』がん予防・・・・・だ液中のペルオキシダーゼが食品中の発がん物質を無毒化

『いー』胃腸快調・・・・消化を助け食べ過ぎを防ぎます

『ぜ』全力投球・・・・・力を出すときにくいしばることができます

 

 

ぜひ1度ご自身がひと口で何回噛んでいるか???確かめてみて下さい!!

林歯科医院 歯科衛生士 荒井