歯の着色について

 

みなさんお茶やコーヒー、ワインなどよく飲まれますか?

毎日飲むと歯が着色してくるという方も多いのではないでしょうか。

歯の着色の原因はステインと呼ばれる食べ物の色の沈着なのです。

歯の表面は一見ツルツルしているように思われますが、実は小さな溝があり、その溝にステインがついてきます。歯垢は歯磨きで簡単に落とすことができますが、歯についた着色は歯磨きでは落とすことができません。

着色除去をするにはPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といった専用の器具を用いた歯の清掃をする必要があります。

PMTCを行ったからといって着色がつかなくなる訳ではありません。着色は毎日の飲み物や食事によってついてくるもので着色のつきやすい方、つきにくい方といった個人差もあります。定期検診ではPMTCを行っているので定期的に着色除去をすることでつきにくくなります。しかし長期間着色を放置しておくと着色がこびりつき着色除去も大変になるので、できるだけ定期的に着色除去を行うことをおすすめします。

定期検診では着色除去を行うのはもちろん歯周病の検査や虫歯のチェックもしています。

歯の治療が終わったあとは今の良い状態を保つためにも定期検診をしましょう!

 

林歯科医院 歯科衛生士 中谷美沙希