たばこの害

今回は、たばこの害についてお話ししていきたいと思います。

たばこが様々な病気の原因になってしまうことは、みなさまもご存じであると思います。

口の中で言うと、口腔がん以外に歯周病、先天性口唇・口蓋裂などがあります。

また、最近では、虫歯との関係性についても言われています。

疫学調査の結果、甘味食品の摂取、フッ化物の利用、ブラッシング習慣と社会教育因子など以外にも、たばこの煙が関係すると示されました。

歯周病に関しては、歯周病の程度に関わらず、喫煙者は非喫煙者と比べて、1.4倍歯周ポケットができやすいとの調査結果もあります。

また、歯を支える骨の吸収も進み、歯が抜けやすくなってしまいます。喫煙を続けると、早く、そして多くの歯を失ってしまうことに繋がります。

その理由として、喫煙を続けると歯周組織の修復機能を障害して歯周破壊が進むことに加えて、細菌の病原性も強まることが分かったと言われています。

 

患者様のお口の中の健康と身体全体の健康を考えて、喫煙されている方には禁煙をお勧めしたいと思います。今だけではなく将来の体を考えて。

歯科衛生士 伊藤小百合