歯石って………

 

歯医者に行って、歯のクリーニングをされた経験がある方は、多いと思います。

歯は削られていないけど、キーンと音がして、水が出てきます。

超音波の機械で石になってしまった、歯石という歯の汚れを除去しているのです。

 

なぜ、歯石は取らないといけないのでしょう⁇

もう、石になったから、取らなくても良いのでは?と、思っていませんか⁇

 

歯垢のうちは、歯ブラシで磨いて取ることができます。

しかし、2日ほど歯垢が取れず、そのままになっていると、歯石になります。

 

この石を取っておかないと、近い将来、歯を歯周病で抜かなければいけなくなる恐れがあります‼

 

歯石は、細菌のかっこうのすみかなのです。

歯石に住みついた細菌が毒素を出し、周りの骨を溶かしていきます‼

あれっ‼⁇おかしいな⁇と気がついた頃には、手遅れになってしまっているかもしれません。

歯周病は、自覚症状の出にくい病気です。

 

歯ブラシで磨いて、歯石や細菌を取ろうとしても、取れません‼

歯石と細菌を取るには、歯医者で、専門家によるクリーニングが必要になります‼

 

歯周病は、糖尿病や脳卒中、肺炎など、さまざまな合併症を伴うこともあります。

 

3ヶ月、4ヶ月に1度は、定期検診に来院されて、クリーニングを行ってください‼

お家での歯磨きが、上手であれば、歯垢も少なく、短期間なので歯石も硬くなく、1度でクリーニングも終わります。

むし歯のチェックも同時にさせていただきます。

 

生涯、ご自分の歯で、食事ができる幸せを感じていただく、お手伝いをさせてください‼‼

 

歯科衛生士 伊藤友美