花粉症と歯科の関わり

 

花粉症と歯科の関わりについてお話ししたいと思います!!

 

花粉症の人は歯周病・むし歯になりやすい?

「花粉症と歯周病って関係があったの…?」 と思われた方もいらっしやったのでは?

実は、花粉症の主な症状 “鼻水・鼻づまり” は、お口にとって “一番の大敵” です!

それはどうしてかというと、花粉症で鼻が詰まると鼻呼吸ができなくなり、口で呼吸をすることが多くなります。すると、お口の中の水分が蒸発しやすくなって、口の中がカラカラに乾燥してしまいます(このような経験は皆さんもあるのでは?)。

口腔内にいる菌は乾燥状態で繁殖しやすい為、その状態が続くと歯に汚れ(歯垢)がつきやすくなってしまいます。これが歯周病やむし歯になりやすい直接的な原因となります。

ちなみに、花粉症の症状を抑える薬には、唾液の分泌を抑える副作用があるものも多いので、花粉症のトラブルがおさまっても、口の中は乾燥が進んでかえって症状が悪化する場合もあります。

花粉症で奥歯が痛くなる?

花粉シーズンに入ると、虫歯がなくても「上の奥歯が痛い」と感じる人が増えます。その理由は、花粉症の鼻炎です。人の鼻の両脇には頭蓋骨の中に鼻に通じる上顎洞(じょうがくどう)という空洞があって、鼻炎がひどくなるとそこの粘膜が炎症を起こします。その場所がちょうど上の奥歯の根っこの先端辺りなので、その痛みを勘違いして「歯が痛い」と思ってしまう事があります。これを「上顎洞炎」(副鼻腔炎)と言います。

この痛みは、鼻炎が治れば自然とおさまります。虫歯ではないので、歯を削ったりする必要はありません。

逆に虫歯が原因では鼻づまりになることも?

一方、長らく虫歯を放置することで、上顎洞にまで細菌が入り込んで鼻炎になってしまうこともあります。これを「歯性上顎洞炎」と言います。上の奥歯に虫歯があるのを放置している人は、最悪の事態を防ぐためにも花粉症がピークを迎える前に歯科医にかかることをお勧めします。

 

林歯科医院 歯科衛生士 伊藤かおり