コンポジットレジンについて

 

コンポジットレジンとは合成樹脂の白い修復用素材のことで、コンポジットレジンは粘土性やペースト状のものがあり、特殊な光を当てることで瞬時に硬化するのでその日のうちに虫歯が治せるのです。保険内で白く治せる治療になります。

 

しかし虫歯の大きさや場所によってはコンポジットレジンで治せるものと治せないものがあります。たとえば、小さい虫歯で奥歯の噛む面や前歯の歯と歯の間にできた虫歯、虫歯治療だけではなく欠けた歯の形態を回復することもあります。

コンポジットレジンのメリットとしては治療期間が短く、色が歯に似ているので見た目がよい、一般的に歯を削る量は少なく、保険適用で治療ができるなどがあげられます。

デメリットとしては時間が経つと変色したり、金属の被せ物や保険外のセラミックと比べ強度が強くないので噛み合わせが原因で、欠けたり割れたりすることがあります。

歯科治療ではコンポジットレジンの他にもいろいろな虫歯治療の方法があります。

虫歯の状態や場所などによって治療方法は異なるのでまずは歯医者へ行きレントゲンや検査をして診査、診断することが大切になります。

小さい虫歯であれば治療回数も少なく済むので痛みがなくても歯医者へ検診に行きましょう!

 

林歯科医院 歯科衛生士 中谷美沙希