歯の神経を抜く

 

歯医者で歯の神経を抜かなくてはいけないと言われ歯の神経を抜いたことのある方多くいるでしょう。歯の神経を抜くとはどういうことなのかを説明したいと思います。

 

歯の中心部には歯髄(しずい)と呼ばれる細かい血管、リンパ管や神経が入り込んでいる場所があり、神経を抜くということはこの歯髄を取り除くことをいいます。

 

この歯の神経があるから虫歯ができて痛みを感じたりしみる症状を感じることができます。また歯への栄養の供給や象牙質の形成などの機能もあります。

歯の神経とは別に、歯の周りにも神経があるので歯の神経を抜いても歯がかみ合ったことを感じる機能は残ります。

歯の神経を抜くと虫歯で痛くなったり、しみる症状を感じなくなったり、歯への栄養供給が行き届かなくなるので神経が抜いていない歯と比べ脆くなります。また、歯の色が変色するなどがあげられます。

歯の神経を抜いたあとは根の中をきれいにして、きれいになった根に薬を詰めて土台が入り、被せ物をしていくという流れになるので治療期間が長くなってしまいます。

虫歯が大きく歯の神経までいっていると歯の神経をとらなくてはいけません。そうなる前に治療をしておけば歯の神経をとらずにすむかもしれません。

虫歯が大きくなる前に歯医者へ行き検診を受けることをお勧めします!

 

 

林歯科医院 歯科衛生士 中谷美沙希