歯と体について

歯と口の中を健康な状態に保つことと、全身の健康との関係が明らかになってきました。

一見関連性がないように思えますが今日は簡単にですが紹介したいと思います。

・脳

物を噛むことで脳への刺激、血流が促され脳が活性化されると言われてます。東北大学が行った高齢者の歯の残存数と認知症との関係についての研究では健康な人では平均14.9本、認知症の疑いのある人では9.4本と少ない結果があるそうです。歯がなくなると脳が刺激されなくなり脳の働きに影響を与えるということです。

・胃腸

歯の代表的な役割は“噛む”ということです。食べ物を細かくしだ液によって消化吸収の手助けをします。胃腸への負担はしっかり噛んで減らすことができます。

・肺

病気や加齢で飲み込む力が低下し食べ物や飲み物が誤って気管に入ってしまうことを“誤嚥”と言います。誤嚥によって歯周病菌、口の中にいる細菌が肺の中に入り込むことで肺炎を引き起こすことがあります。

・血液

血管が詰まって起こる動脈硬化と言います。詰まった血管を調べてみるとそこから歯周病菌が見つかることがあります。歯周病が重度なほど確率は高くなってます。

・心

歯を失ってしまうとおいしく食事、笑顔、発音があいまいになり結果的にコミュニケーションが楽しめなる原因にもつながります。

 

これ以外にも歯と口は私たちの生活、体にいろいろ関連があります!!いつになってもしっかりと食事などができることは大切です!!これらの病気などは歯科治療、定期検診で行う事で防げますので自分の歯はしっかりと守っていきましょう!!


歯科衛生士 荒井真穂