エナメル質形成不全について

 

歯の表面の組織はエナメル質といってとても固い組織になります。そのエナメル質がなんらかの障害をうけてうまく形成されなかった場合をエナメル質形成不全とよびます。

エナメル質形成不全は程度によって見た目はさまざまですが、軽度の場合は局部的な白斑や着色があります。また程度が重度ですとエナメル質の表面に凹凸がありなめらかではなく溝がきにていたり、かけているようにみえることもあります。

歯が出来上がる時になんらかの影響をうけたのが原因になります。乳歯がエナメル質形 成不全だったからといって永久歯もそうとは限りませんし、乳歯が正常な場合でも永久歯はエナメル質形成不全の場合もあります。

治療としては白斑や着色、軽度の凹凸ならメインテナンスやフッ素塗布で様子をみていくとになります。また、おうちでのプラークコントロールも重要でエナメル質が不完全な分虫歯になりやすいですからしっかりした歯磨 き、仕上げ磨きが必要になってきます。

当院ではメインテナンスの時に歯磨き指導もしていますのでわからないことがあればご 相談ください。

また、歯磨きをしっかりしていても甘いものをたくさん食べてしまう場合虫歯にしてしまいやすいですので甘いものも注意 が必要になってきます。

お家でのプラークコントロール、シュガーコントロールをしっかりして歯医者で定期的 にメインテンスを行うことで虫歯にすることは予防できますので、むやみに心配することはありません。わからないことはお気軽にご相談ください。

 

歯科衛生士 多田 恵泉