誤嚥性肺炎とは


こんにちは、林歯科医院スタッフの辻です。

みなさんは誤嚥性肺炎についてご存知ですか?以前誤嚥性肺炎について講演をして頂き、私自身が知っていた知識やあやふやだった知識があったため、『老年看護学概論』や『高齢者の病態』などの本を開いてみることにしました。

 

高齢者肺炎の約70~80%が誤嚥性肺炎であると言われています。

誤嚥性肺炎とは

・食べ物や水分、唾液などが食道へ送られるのではなく、酸素を取り込む気管と言われるところに流れ込んでしまうこと。

・誤嚥時の明らかなむせ、咳嗽反射が起こらず気道に食べ物や水分などが流れ込んでしまう不顕性誤嚥。

これらによって起こる肺炎のことを指します。

誤嚥性肺炎を防ぐためには様々な方法があります。その中の一つが私たちが食前・食後に行っている歯磨きなのです。歯磨き、つまり口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎の発症を30%以上も減らすことが出来るそうです。

私たちが日常的に歯磨きをする理由は、歯を磨くことで得られる爽快感や虫歯予防のためという人が多いのではないかと思われます。

しかし、歯磨きをすることで得られるメリットは他にもあるのです。

口腔ケアを行うことで口腔乾燥を防ぐことが出来るのです。この口腔ケアを厳かにすることで口腔内が乾燥してしまいます。口腔内が乾燥してしまうと雑菌の繁殖に繋がり誤嚥性肺炎のリスクを高めてしまうことがあります。また口腔内が乾燥してしまうことにより唾液の分泌低下にも繋がります。唾液には様々な働きがあるため唾液分泌が促進するよう口腔内を湿潤にしておくことも誤嚥性肺炎を防ぐ一つの方法ではないかと思われます。

 

健康のため、歯を守るため、ぜひ歯磨きをしてお体を大切にして下さいね。

歯科助手 辻