口腔ケアでインフル予防

こんにちは、院長秘書の見並です。
日中は暖かい日も出てきましたが、まだまだ朝晩は冷えますね。
この冬もインフルエンザが流行っていましたが、皆さまは大丈夫でしたでしょうか?おかげさまで私は「風邪かな?」程度ですんでいます。

さて、林歯科に勤務するようになってから、歯に関することが目に耳に飛び込んでくるようになりました。
自然とアンテナを張っているのかもしれません。
そのアンテナに引っかかった新聞記事があります。

2月15日(日)の毎日新聞の記事です。
「口腔ケアでインフル予防」
口の中が不潔だとタミフルなどのインフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があることがわかったというのです。
日大口腔細菌学の研究チームによると、歯垢に含まれる2種類の細菌がNAを作り出して、ウィルスの増殖を助け、リレンザやタミフルを投与してもウィルスの放出量が抑えられなかったそうです。

先日の藤井先生の摂食嚥下の講演会でも、口腔ケアと他の病気との関係を学びましたが、この新聞記事を読んで更に、口腔ケアは決して口の中だけの問題ではないのだと感じました。

何も知らない頃に、風邪をひくと普段よりも頻繁に歯磨きをしたくなったのは、野生の勘が働いたのだろうかと思う見並です。

まだまだ、インフルエンザは猛威を振るっています。口腔ケアに気をつけてこの冬を乗り切りましょう!
もちろん。歯科医院でプロの口腔ケアを受けるのもオススメですよ(o^^o)

院長秘書 見並