歯を脱臼した時の対応方法

 

脱臼とは歯に強い力が加わってぐらぐらしたり、元の位置から飛び出してしまう状態(不完全脱臼)、完全に抜けてしまう状態(完全脱臼)のことを言います。

いずれも出来るだけ早く歯科を受診してください。飛び出した歯を元の位置にもどして固定すれば再植可能な場合もあります。いずれにしても時間が早ければ早いほど元に戻る可能性が高くなりますので出来る限り早く受診することをおすすめします。

 

完全脱臼してしまった場合、どれだけ早く持ってきていただくかもとても重要になりますが他にも気をつけていただきたい事があります。

完全脱臼して抜けてしまった場合は、抜けてしまった歯の根っこの部分に歯根膜と呼ばれる柔らかい粘膜のような組織がくっついています。

その歯根膜が歯と骨をつなぐ大切な組織になります。とても薄い組織ですので実際抜けた歯をみても歯根膜がついているかわからないかもしれません、ですが歯根膜を傷つけないことがとても重要になります。できるだけ歯の根っこには触らず歯の頭を持って拾ってください。

拾った歯が比較的きれいならそのまま洗わずに牛乳につけて持ってきてください。

砂や砂利などがついていた場合は歯の頭をもって水道水で軽く洗い流して(30秒以内)から牛乳につけてもってきてください。水道水で洗う場合、泥や砂がついていても絶対に触ったり擦ったりしないように注意してください!大切な歯根膜も一緒にとれていまいます。

歯根膜は乾燥に弱いですから、液体につけてもってきていただく必要がありますが、身近なもので一番おすすめなのは牛乳になります。牛乳がない場合は水道水でも大丈夫ですが、歯根膜を保存できる時間がぐっと減りますので、出来るだけ早く受診してください。

また、水道水よりはお口の中の唾液のほうが保存できる時間は長くなるのでお口の中の舌の下部分や頬の部分に入れておく(絶対に噛まないでくださいね!)のでもかまいません。ただ、小さなお子様や子供さんで本人様がパニックになっていたり泣いていたりする場合は飲み込んでしまうと危険ですのでその場合はお水につけるようにしてください。

 

冬になると外傷の子供さんが増えますのでスポーツをする前は準備体操をしっかりして体を温めてから、怪我のないようにしてくださいね。

 

歯科衛生士 多田 恵泉