歯ぎしりについて

 

夜中に寝ているとき歯ぎしりをしていませんか?

家族に歯ぎしりしている人はいないし、自分も人から言われた事はないから大丈夫と思っていても、実は歯ぎしりをしているかもしれません。

歯ぎしりは横にぎりぎり動かすタイプとは別に、ぎゅっと噛み締める方やカチカチ歯を噛み合わせる方もいます。噛み締める場合、音はしませんし、カチカチ噛み合わせる方も音はあまりしません。ぎりぎり動かすタイプの方も必ず音がなる訳ではないので無意識にしていて家族も気づいていない場合も多いのです.

実際私も歯医者のスタッフに寝ている時は本当に静かだね!と言われた事がありますが…、口の中を見てみると歯ぎしりは絶対しています。歯がすり減っていますし、朝起きると顎が疲れている時もあります。

では、歯ぎしりしている場合どうすればいいのでしょう?

放っておくとすり減った所が知覚過敏になったり、ひどい場合は歯が割れてくる時もあります。歯が割れると最悪虫歯や歯周病ではなかった健康な歯を抜かなければならない場合があります。そうなってからでは遅いですよね?

 

対策としてはナイトガードと呼ばれるマウスピースのような物を作って就寝時に装着する事です.こうする事で歯に対するすり減りや負担を減らす事ができます。ナイトガードは保険診療が効きますから気になる方は作ってみてはいかがでしょうか?

歯科衛生士 多田