むし歯の歴史

 

むし歯はいつ頃からあったのでしょうか?

古い物では約20万年前のネアンデルタール人から「むし歯らしきのも」が発見されているそうです。

また、昔の人は歯の中にいる虫がむし歯を作ると考えていたようです。

ただ、多くの人がむし歯になり始めたのは農耕生活を始めた1万年前以降あたりからという事です.穀物や芋を食べる事で細菌がデンプンから酸を作りむし歯が増えていったのです。

 

16世紀になると砂糖が大量生産されるようになり、砂糖をたくさん摂取するようになった貴族はむし歯で大変こまったようです。当時は麻酔もないですし、歯科医師もいなかったので専門外の医師や床屋が抜歯をしていたそうです。麻酔もなしに抜歯をするなんで今では考えられませんが、それほどむし歯が痛かったんでしょうね…。

 

日本では弥生時代以降と現代にむし歯は増加しているそうでどちらも原因は食生活の変化にあります。

年代別に見てみると…

 ・狩猟採集時代

   ・肉やクルミが主食

   ・虫歯発生率:1.3%

 ・農耕時代

   ・ご飯、蒸した芋が主食(調理デンプン)

   ・虫歯発生率:8.6%

 ・産業革命時代後

   ・砂糖が流通

   ・砂糖を使ったスイーツやコーヒー、紅茶に砂糖を入れる事が増える

   ・虫歯発生率:40%

 

こうしてみると虫歯と食べ物の関係は一目瞭然ですね!

歯ブラシももちろん大切ですが砂糖をたくさん使っているお菓子を減らすだけでも虫歯になりにくくなるのです!

お菓子は1日1回以下にできるといいですね。

 

歯科衛生士 多田