熱中症対策にはスポーツドリンク!!は正しい?間違い?

 

毎日暑い日が続きますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

暑い日は熱中症対策に水分補給が大切ですが、みなさん何を摂取されていますか?

「熱中症対策にスポーツドリンクを」とよく言われていますが

ホントにそれは良いのでしょうか?色々なところで「スポーツドリンクを3倍に薄めれば良い」ということも言われていたりしますがそれは正しいのでしょうか?

 

今回は本当に身体が水分を欲している時には何を飲めば良いか?お話したいと思います。

まず、普段の水分摂取はお茶、お水です!!

ですが、大量の発汗にはナトリウム重症の下痢・嘔吐にはナトリウムカリウムなどの電解質適正な補給が不可欠です。そのような症状の時に、点滴の代わりに口から摂取するものを経口補液といいます。

・経口補液→基本はブドウ糖2%で水分・電解質共に点滴に近い吸収効果があります

  ※スポーツドリンクはおいしさ優先のため2~3倍の濃さの糖質です。その糖質は必要であるブドウ糖ではなく砂糖や異性化糖

(異性化糖=でんぷん加水分解して得られたぶどう糖の一部を酵素等で果糖に変えた(異性化した)もの。

血糖が上がりやすくすぐに太りやすい。糖尿・高血圧の原因と言われている。

“ぶどう糖果糖液糖”等表示される

 

 じゃぁ、スポーツドリンクを2~3倍にうすめればいいのでしょうか?

A.ダメです!!濃い糖質を薄めて水分補給はしやすくなるかもしれませんがスポーツドリンクの電解質は

低濃度です。

なので、ナトリウム・カリウムなどの電解質の補給にはそのままでも濃度不足です。薄めたら更に濃度 不足になってしまいます。

 では、何をのめばいいの??

  ★普段の脱水(喉の渇き)なら水で十分です。

★大量の発汗時、病的脱水時、重症の脱水症状改善にはWHOの開発した経口補水液

=ORS(Oral Rehydration Solution)

ブドウ糖2%で水分・電解質・ともに静脈内点滴に近い吸収効果があります。

・ナトリウム濃度は75mEq/l,カリウム濃度は20mEq/l

pH7~8ほぼアルカリ性

※スポーツドリンクはpH2.5~4.5 酸性が強くむし歯になるリスクが高い

 

経口補水液OS-1は厚生労働省許可 特別用途食品 個別評価型病者用食品です

・下痢・嘔吐・発熱・経口摂取不足・過度の発汗による脱水症状に適しています

・乳幼児から高齢者の軽度~中等度までの脱水症状時にお勧めです。

・食事療法の素材として適するものなので常用しないでください。

・心臓、腎臓その他内臓疾患のある方は医師にご相談ください

・原則として医師・看護師・薬剤師・管理栄養士の指導に従ってお飲み下さい

・1日当たりの目安量を参考に脱水状態に合わせて適宜増減してお飲み下さい。

学童~成人(高齢者含む):500~1000ml(g)/日

幼児:300~600ml(g)/日

乳児:体重1kg当たり30~50ml(g)/日

 

普段から糖分の多いコーヒー・紅茶・清涼飲料水ばかり飲んでいる、コンビニ弁当、外食

が多い人はミネラル不足で本来、水で良い水分補給がOS-1などで補わなくてはならない事が

出てくる可能性があります。食生活も一度、見直しましょう。

 

歯科衛生士 岩田