睡眠時無呼吸症候群

 

睡眠時無呼吸症候群:Sleep Apnea Syndrome

 

眠っているときに……いびきをかいていませんか?呼吸がとまりませんか?むせませんか?

 

起きたときに………口がかわいていませんか?頭が痛くありませんか?

 

起きているときに………すごく眠くありませんか?だるくありませんか?

 

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に空気の通り道である気道がふさがれ、大きないびきをかいたり、呼吸が止まったりする病気のことです。

 

スリーピングスプリントというマウスピースで行う、治療方法があります。

 

歯ぎしりのときに使うマウスピースとは違い、下の歯を少し前方で固定させるような、マウスピースを使います。

これにより、気道がふさがれず、いびきや呼吸が止まることを防止します。

 

マウスピースの作成方法は………

1回目➡︎型どりをする。かみ合わせをとる。

むし歯があったり、歯ぐきが腫れてたりすると、まず、そちらの治療をすることもあります。

上下の歯の型をとります。

かみ合わせは、下の歯を前にしてとります。しかし、この状態で寝なくてはいけないので、ムリな状態でない位置でとっていきます。

 

2回目➡︎SET

マウスピースを入れてみて、痛いところなどを調整します。

 

良い睡眠がとれないと、日常生活にも支障をきたす可能性もあります。

マウスピースだけで必ず治るものではありませんが、かかりつけ医にご相談ください‼

 

 歯科衛生士 伊藤友美