妊婦と歯科治療

 

今回は、妊婦さんの疑問にお答したいと思います

 

妊婦さん Q&A

 

今回は、妊婦さんの疑問にお答したいと思います.

Q・妊娠出産後は虫歯や歯肉炎になりやすいと聞いたのですが本当ですか?

なにか、対策はありますか?

A・予防には定期的な検診とお家での歯磨きが重要です。

 妊娠期はお口の中のトラブルが起こりやすくなります。ホルモンバランスも崩れ歯肉炎も起こりやすくなります。

出産後は、赤ちゃんに意識が集中して自分のことがおろそかになってしまいがちです。歯磨きが疎かになると歯肉炎が悪化する原因になったり、虫歯の原因になります。そのまま、何年も放置してしまうと歯周病や虫歯が進行してしまいます。

定期的に検診とクリーニング(PMTC)を受けることでお口の中の虫歯菌、歯周病金を減らすことができますので予防のため定期的な検診、クリーニングをおすすめします。

 

Q・治療をしない方がいい時期はありますか?

A・当院では可能であれば出産予定日の2ヶ月までに治療を終了するようにご予約をおとりします。

 

妊娠後期(28〜39週)

子宮が大きくなり、仰臥位を長くとる事が難しくなります.長く仰臥位をとる事で、妊婦に低血圧が起こったり、胎児への血流量の減少が起こるため注意が必要です.緊急処置が必要な場合以外は基本的に治療を行ないません。

 

妊娠中期(16週〜27週)

妊娠中の最も安定している時期で治療におすすめの時期になります。

 

妊娠初期(0週〜15週)

つわりなどの症状がなければ治療を受けて頂けます

 

妊婦さんのQ&Aについては院内で配布中のプレママリーフレットに載っていますので機会があればご覧下さい.

歯科衛生士 多田