食中毒の原因や症状

 

皆さま、暑い日々が続いておりますが、体調は崩されてないでしょうか?

暑い日々と言いますと、食中毒も梅雨から夏に増えます。この時期は高温多湿な状態が続き、細菌がもたらす食中毒が多く発生します。その食中毒の原因や症状についてお話ししていきます。

≪主な原因菌≫

・カンピロバクター(1~7日間)…鶏肉

・サルモネラ菌(6~72時間)…卵、食肉

・黄色ブドウ球菌(1~3時間)…おにぎり

・腸炎ビブリオ(8~24時間)…刺身、寿司

 

≪症状≫

・腹痛・下痢・吐き気・嘔吐・発熱など

 

~予防するためには~

*  調理する前には手洗いを丁寧にし、タオルやふきんは頻繁に清潔なものに替えましょう。野菜は流水できれいに洗い、肉や魚は中まで十分に火を通しましょう。

*  調理したものは、長時間室温で放置せず温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べましょう。

*  残った食品は小分けし、清潔な容器んい保存する。調理に使ったまな板・包丁は必ず洗って熱湯消毒し、スポンジは洗ってからよく水を切りましょう。

 

食中毒を防ぐには、抗菌、防腐作用に優れた梅干しや薬味野菜のシソ、ネギ、ショウガ、ワサビなどの食品が効果的です。また、免疫力を高めるビタミンB1が含まれる豚肉も食中毒予防にお勧めの食品です。

免疫力を高めるには、日ごろの食事がしっかり摂れて、しっかり睡眠をとれることも大事です。食事を美味しく食べるには何といっても歯が健康でないといけません。体全体を守るために歯の毎日のお手入れにも力を入れてみてくださいね。

 

歯科衛生士

伊藤小百合