虫歯じゃないのに歯が痛い上顎洞炎で起こる8つの症状

 

虫歯じゃないのに歯が痛い上顎洞炎で起こる8つの症状についてお話したいと思います!!頭も痛いし、歯も痛い自分でもどこが痛いのかわからない。また、風邪をひいたときに歯が痛くなる。こんな症状が出たことはありませんか??それは上顎洞炎かもしれません。上顎洞炎は虫歯や歯周病が原因で起こることもあります。

上顎洞炎とは‥

上顎洞は頬骨の奥、鼻の横、目の下辺りにある空洞です。上顎洞炎は上顎洞の粘膜が腫れて、膿や鼻水が溜まっていることです。一般的には蓄膿症と呼ばれています。原因はアレルギー性鼻炎、風邪など、鼻の症状から起こることが多いですが、虫歯や歯周病で上顎洞炎になることもあります。

溜まった膿は上顎の歯の根元に接していて、上顎洞炎の炎症や圧が上顎の歯の根に影響し、痛みが出る事があります。

 

頭痛

上顎洞の周りの骨は上あごや目の周り、頭の骨まで繋がっているので、上顎洞炎になって膿みがたまってしまうと、周りの神経や血管を圧迫してしまうので頭痛を起こすことがあります。

目の奥の違和感

上顎洞は目の下まで広がっているため、上顎洞炎になり膿みが目の下までたまってしまうと、目の下の骨を押し上げるため、痛みや違和感を感じることがあります。

動いた時ひびく

上顎洞に膿がたまると走ったりした時に膿が揺れ動き、上顎の上のあたりが響く感じがします。

鼻づまり

上顎洞炎になり膿みがたまると、鼻で呼吸する通り道をふさいでしまうため、鼻で呼吸ができなくなります。

歯の痛み

上顎洞炎になると上顎洞につながっている上顎の奥歯の神経の出口が圧迫され、歯が痛くなります。痛みが強く出る時もあり、虫歯の痛みと勘違いする時もあります。

噛んだ時の痛み

上顎洞炎になると上顎洞の粘膜が炎症を起こし、その炎症が上顎洞につながっている上顎の奥歯の根の周りに伝わって噛んだ時に痛くなります。

歯の根元が痛い

上顎の歯の根元は上顎洞に近く、上顎洞炎になった時に押すと痛みがあります。

口臭

上顎洞に膿がたまるため口臭や鼻の奥が臭うと感じることがあります。

 

☆鼻が原因で歯が痛くなった場合

上顎洞炎の80%は鼻が原因で起こります。風邪や花粉症で上顎洞炎になると虫歯でもないのに歯が痛くなることがあります。歯医者に虫歯かと思っていってみたら上顎洞炎だったことはとても多いです。CTを撮影して歯が原因なのか、鼻が原因なのか診断します。鼻が原因であれば抗生物質を1か月ほど服用して炎症を止めれば、歯の痛みもなくなります。

 

何か心配・気になる事がありましたら、我慢せず当院までお越し下さい。お待ちしております。

林歯科医院 歯科衛生士 伊藤かおり