かみしめの癖(トゥースコンタクトバビット)

 

今、上の歯と下の歯は、くっついていますか?くっついていませんか??

どちらが正しいと思いますか???

 

食事中、話をしているときを除いて、普段の何もしていないときの正しい位置は、意外と知られていないのかもしれまん。

 

実は・・・

何もしていないときのお口の中の正しい位置は、

クチビルは自然に閉じ、アゴは力を抜いた状態で、上の歯と下の歯は数ミリ離れています。ベロは歯に触れずに上の歯の後ろの上アゴにピッタリおさまっています。

 

どうですか?

仕事中、テレビや読書、パソコンや携帯、集中しているときに、上の歯と下の歯はくっついていませんか?

ベロは、歯を押していませんか?下アゴにありませんか?

 

上の歯と下の歯が1日にくっついている時間は、数十分と言われています。

 

歯ぎしりやくいしばりをしていなくても、ただくっついているだけ、それだけでも歯や周りの組織には、負担になってしまいます。

 

その負担がずっと続いていると、顎関節症を引き起こしてしまうだけではありません。

歯が欠けてしまったり、詰め物が取れてしまったりしてしまいます。

頭痛や肩こりの原因になってしまうこともあります。

 

まずは、メモを貼りましょう!

『歯、くっついてない?』『かみしめてない?』

テレビやパソコン、身の回りにメモを貼り、そのメモを見たら深呼吸して上下の歯を離してください。

この条件反射が習慣付くと、上下の歯がくっついてないことが、ラクになっていきます。

 

上下の歯が触れているだけ、ベロが歯に触れているだけ、それだけのことでも、負担になっています。

気になることがあれば、気軽にご相談ください!!

 

歯科衛生士 伊藤友美