舌(ベロ)はどこに??

 

あなたは、今、舌はどこにありますか??

意識してみてください。

 

上と下の歯の間にありますか?

上の前歯にふれていますか?

下の前歯を押していますか?

下のアゴにおさまっていますか?

 

コレにあてはまる方は、舌癖の持ち主です。

意外と、舌癖の持ち主は、たくさんいます。

 

正しい舌の位置は、、、、、

上の前歯のすぐ後ろの歯ぐきに、舌の先がひっついていることが、正しいのです!!

ここが、スポットポジションです。

 

このスポットポジションに舌を持っていくと、しんどい方は訓練が必要だと思います。

 

小さい頃、舌でポンっと音をならして遊んだことは、ありませんか??

コレがラクにできれば、舌を正しい位置に戻すことは、簡単かもしれません。

この、ポンっと音をならすのも、舌を正しい位置に戻す訓練になります。

 

舌が正しい位置にないと、いろいろなことがおこります。

①口で呼吸する

②寝ているとき、いびきをかく

③口が乾き、むし歯、歯周病になりやすくなる

④二重アゴになる

など、良くないことがおこる可能性がでてきてしまいます。

 

もし、お子さまがいて、その子の舌の位置が、下のアゴにおさまっていると、うけ口になりやすくなります。

それは、舌で下の前歯を常に押してしまっているからです。

そして、上のアゴにぴったりひっついていないと、上のアゴが成長せずに、歯並びも悪くなる可能性もあります。

上と下の歯の間にあると、開口といわれる、上と下の歯がかみ合わないようになってしまいます。

 

舌は発声にも関係しているので、発音も悪くなってしまいます。

 

お子さまの矯正治療法として、ムーシールドという装置があります。

舌が前歯を押さないように、この装置を使用し、舌の位置をただし、うけ口を治します。

舌の位置で、歯並びはもちろん、口で呼吸をすることで、病気になりやすくなってしまう身体の障害がでてきてしまったり、二重アゴや肌のたるみ、美容面で障害がでてきてしまったりします。

 

早めに舌を正しい位置に戻しましょう!!!

 歯科衛生士 伊藤