キシリトールの割合

 

こんにちは。歯科衛生士の長門愛です。

今回はキシリトールの割合についてお話ししたいと思います。

 

キシリトールは歯に良いといわれていて、

キシリトールガムが思いつくと思います。

 

キシリトールの歯への予防効果はおもに

1,虫歯の原因である虫歯菌が出す『酸』を抑制する作用がある

2,ガムを噛むことにより唾液がよく出るようになり、虫歯予防効果がある

3,長期間(3ヶ月以上)使用すると虫歯菌の数を減らす作用がある

4,食後にガムをかむと、酸性に傾いたお口の中をすばやく中性に近づけ、虫歯ができにくい環境にする

 

などといった効果がありますが、そのキシリトールガムも甘味料がキシリトール60%以上ではないと効果がないんです。

だいたい、スーパーやコンビニに売っているキシリトールガムはキシリトール50~60%しか入っていません。

 

たとえば、

 

 

この図の1番上の『ロッテ キシリトールガム ライムミント』だと

キシリトールの割合が55%

 

真ん中の『グリコ ポスカム』だと

キシリトールの割合54%

 

1番下の『キャドバリージャパン リカルデント』だと

キシリトールの割合33%

 

とほぼキシリトール60%ないと言えます。

 

ですが歯科医院に売っているキシリトールガムは

キシリトール100%を販売しています。

 

 

よりキシリトールの効果が得られるので

ぜひキシリトールガムを噛むのであれば歯科医院に販売されているキシリトールガムをおすすめします!

林歯科医院の受付にも販売していますのでぜひ噛んで虫歯予防してくださいね!

 

歯科衛生士 長門愛