口呼吸から鼻呼吸へ!!

 

今、口は閉じていますか?開いていませんか??

普段、鼻で息をしていますか?口でしていますか??

 

「起きているときは、鼻で息をしていて、口も閉じている。」そういう方でも、寝ているときはどうですか?

 

最適な睡眠時間は、人それぞれだと思います。

しかし、十分な睡眠時間を確保しているのに、疲れがとれない・体調がすぐれないなど、そんなことはありませんか??

 

もしかすると、「寝ているときは、口で息をしていて、口が開いている。」かもしれません。

 

鼻には、ホコリやバイ菌の侵入を防ぐフィルターがあります。

しかし、口には、そのフィルターがありません。

ですから、ホコリやバイ菌が直接体の中に侵入してきてしまいます!!

 

口やノドが乾燥してしまい、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます!!

また、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなってしまうこともあります!!

 

その上、口のまわりの筋肉が衰えてしまい、見た目が老けてしまいます!!

 

口は、鼻のように上手に酸素を取り込めません。

そのため、集中力がなくなり、眠たくなってしまいます。

 

「寝ているときは、無意識でどうかわからない。」そういう方にチェック!

朝起きると…

①口が開いている

②口が乾いている

③ヨダレが出ている

④イビキをかく

⑤口の臭いが気になる

 

どうでしょう?当てはまりましたか??

 

「起きているときに、鼻で息をすると苦しい!」そんなあなたは、口で息をしています!!

今すぐに、鼻呼吸ができるように頑張りましょう!!

 

 

・鼻呼吸を意識する

 息をする時は、唇を軽く閉じ、鼻で息をすることを意識する

・耳鼻科などで治療をうける

花粉症や鼻炎のある方は、口呼吸になりやすいです

・口にテープを貼る

縦もしくは、逆八の字に貼る

テープは、肌や口に影響のないものにしてください

・顔の筋肉を鍛える

口の周りの筋肉を鍛えて、口を閉じやすくする

・ベロの位置を意識する

ベロを上アゴにピタッと収まっている

・枕を変える

自分にあった高さのものにする

 

など、いろいろな方法で口呼吸から鼻呼吸へ!!

見た目も良くなり、体調も良くなりますように!!

 

歯科衛生士 伊藤 友美