歯科衛生士とは

 

歯科医院には歯科医師と共に患者さまのお口の健康をサポートする、歯科衛生士が居ます。歯科衛生士は専門学校や短期大学で一定の教育を受け、国家試験に合格した資格保有者です。

仕事内容は主に【歯科予防処置】【歯科診療補助】【歯科保健指導】の3つに分かれおり、それぞれ歯科に関する高い専門知識や技術が必要となってきます。

【歯科予防処置】

歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病であると言われています。これらの疾患を予防するために歯科衛生士が行うのが、歯垢や歯石といったお口の中の汚れの除去・虫歯予防のためのフッ素というお薬の塗布です。

歯に汚れが残ってしまうと歯垢になり、さらににそのままにしておくと堅くなって歯石となります。歯垢は歯ブラシで取り除けますが、歯石は自分でとれないため、専用の器具を使って取り除きます。

これらのことを行うことにより口腔内がきれいになり、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

【歯科保健指導】

虫歯や歯周病にならないためにも、まず大切なことは日々の歯ブラシです。歯に当てる角度や動かし方、力の入れ方といった、正しい磨き方を身につけてもらえるように指導するのも歯科衛生士の仕事です。

歯科医院や病院以外に、幼児検診や学校の歯科検診、介護施設などで指導することもあります。お口の健康を保つためには、歯ブラシだけでなく生活習慣や食事のとり方、食べ方や噛み方なども重要なので患者さまの状態にそって指導します。

【歯科診療補助】

歯科医師の指示のもとで、医療行為のサポートをすることも歯科衛生士の仕事です。

歯の型をとるといったお口の中で行なう作業以外には、診療器具の滅菌や準備、レントゲン撮影の補助などがあります。

私たち歯科衛生士は子どもからお年寄りまで毎日幅広い年代の患者さまと接します。歯科医師のサポート役として診療補助や歯周病・虫歯予防処置を通し、患者さまのお口の中が改善されていくのを直接見ることができ、達成感を得ることができます。

また、不安な表情をして来院された患者さまが、治療を終えて笑顔で帰る姿を見ることも歯科衛生士のやりがいです。患者さまの笑顔と感謝の言葉を言って頂けたとき歯科衛生士をしていて本当に良かったと思います!

 

歯科衛生士 島田