歯の根の治療

 

むし歯が神経まで進行してしまっていると、歯に激痛がはしったり、ズキズキと常に痛んだりします。

ここまでむし歯が進行してしまうと、歯の神経を取らなければいけなくなります。

 

ファイルというヤスリのような器具で、歯の神経をとり、根を消毒していきます。

麻酔下で行いますので痛みはないと思いますが、神経の炎症が強いと麻酔が効きにくいこともございますので、痛みがあれば教えてください!!

 

神経をとるので、その歯は痛まないと思いますが、周りの骨などには神経がありますので、麻酔がきれてくると軽い痛みが一時的に出ることがあります。

一時的なものなので、様子をみていただいてかまいませんが、強く痛んだり、気になることがあったりするときは、お電話ください。

 

この根の治療、いったいいつまでかかるの???と思われたことがある方も多いと思います。

根の治療には、時間がかかります!!!

そして、何回かかるかわかりません!!!

 

なぜなら、細菌に侵された歯の根が、いつまでにキレイになるかが、断言できないからです。

そして、この根の治療が、この先の歯の寿命を大きく左右してしまいます!!!

ここで手を抜いて早く治療を終わらせてしまい、細菌に侵された根が残ってしまっているままだと、この歯の命は短くなってしまいます。

 

最後に、、、

神経まで進行しているむし歯は、ズキズキ痛むと言いましたが、そうではない場合もあります。

むし歯の進行が遅い場合は、痛むことなく神経まで進行してしまっていることもあります。

 

「何かあれば歯医者に行く」ではなく、「何もないけど定期的に歯医者に行く」を習慣にしてください!!

 

歯科衛生士 伊藤友美