胎児の歯

 

お子様の歯はいつからはえ始めるかご存知ですか?お子様のいるご家庭ではなんとなくご存知の方が多いかと思います。

個人差はありますが、乳歯は下の前歯が6カ月ごろからはえ始め乳歯がはえ揃うのは3歳ごろで計20本になります。

永久歯は6歳ごろから下の前歯がグラグラになりはえ始めたり6歳臼歯とよばれる永久歯が1番奥にはえ始め13~14歳ごろに永久歯がはえ揃い計28本になります。(※親知らず含まず)

 

では、歯の元となる歯胚(しはい)ができるのはいつかでしょうか??

お母さんのお腹の中、胎生7週に乳歯の下の前歯ができ始めるようです!!

(※胎生とは受精した日から数えで胎生0週=約妊娠2週となります)

乳歯の歯胚は胎生7~10週ぐらいに全てでき始めます。その後、歯冠(しかん…歯の頭の部分)が完成し生後6か月ぐらいで下の前歯がはえ始めますがその歯の歯根(歯根…歯の根っこの部分)は1.5歳ごろに完成します。

永久歯も同様に下の前歯は歯胚が胎生5カ月ごろからでき始め歯冠が完成するのは4~5歳、はえ始めるのが6歳ごろ歯根が完成するのは9~10歳ごろになります。

 

お子様の歯の元になるものはお腹の中にいる初期のころから準備を始めてます。

歯がはえ始めても実は、まだ完成されてなく歯根部分は、はえてしばらくしてから完成されます!!

 

個人差はありますので目安としてお子様の歯をみて頂くと良いと思います!!まだはえてこないなど心配な時は検診もかねてお越しください♪

歯科衛生士 荒井