水泡(一般;水ぶくれ)を主症状とする口腔粘膜疾患について

 

ヘルペス性口内炎

口唇ヘルペス

ヘルパンギーナ

手足口病

帯状疱疹

尋常性天疱瘡

粘膜類天疱瘡

が、あります。この中で、夏季に流行しやすいヘルパンギーナ、手足口病についてお話ししたいと思います。

 

ヘルパンギーナは、乳児、小児に多くみられますが、年長児や成人に感染することもあります。2~4日潜伏期(感染して症状が出るまで)の後、38~40℃の発熱、頭痛、咽頭痛で発病します。口腔内の後方に直径1~2mm、大きいものでは5㎜ほどの紅暈で囲まれた小水疱が出現します。小水疱はやがて潰瘍を形成し、疼痛を伴います。2~4日で解熱し、粘膜症状も7日以内に消失します。

 

手足口病は、好発年齢が1~3歳で、4~6日潜伏期の後、高熱を主症状とし、1~2日で解熱し、その後、口腔粘膜にアフタ(直径数ミリ大の円形の浅い潰瘍で、表面は灰白色~黄白色の偽膜で覆われ、周囲は赤い)が発生し、手のひら、足、指などの3~7㎜の水泡を形成し、1週間以内に治癒します。

 

どちらも対症療法(疾病の原因に対してではなく、主要な症状を軽減するための治療)となります。高熱、痛みで脱水症、栄養不良などを呈することがありますので小児の場合は特に注意が必要です。高熱が続くようであればかかりつけ医を受診しましょう。また、口の中が痛いときは、熱い、辛い、酸っぱい、角ばった食べ物は避けてあげてくださいね。

歯科医師 濵田 真智