親知らずについて

 

患者様からよく、「親知らず抜いた覚え無いのに、萌えてないんです」「お親知らずは必ず抜かなければいけないのですか?」と聞かれる事があるのでお答えさせて頂きます。

 

「親知らず抜いた覚え無いのに、萌えてないんです」

 ・親知らずは誰も必ず萌えるものではありません。親知らずが上下左右4本萌えている

本人の成人で約半分だそうです。でも昔の古代人はほとんどの人が親知らず上下左右を含んだ32本の永久歯が萌えていたと言われています。

それは調理方法がなく、硬い食べ物が多くあごの力が必要だったからで、火を使い徐々に柔らかい食べ物が多くなってきた事で顎も徐々に小さく変化していき、32本の永久歯が顎におさまらなくなり萌えてこなくなったと言われています。

 

「お親知らずは必ず抜かなければいけないのですか?」

 ・必ず抜かなければいけない事はありません。横向きに萌えてきたり、横向きに骨の中に埋まっていたりすると、汚れがたまりやすかったりで、親知らずの手前の歯に影響がでてきたりするので抜歯が必要な場合もあります。真っすぐ萌えていたら抜歯の必要はありません。でも真っすぐ萌えていても奥なので、ブラシが当てにくく、虫歯になりやすいので抜歯が必要な場合もあります。

 

ご心配な方は一度ご相談下さい。その他にもお口の中や歯の事で気になる事があればお気軽にご相談くださいね!!

林歯科医院 歯科衛生士 矢島