歯肉炎と歯周炎

 

歯周病はCMなどでよく聞くと思われます!歯周病の中に歯肉炎と歯周炎という言葉があります。違いについてお話したいと思います。

歯肉炎とは…

歯肉の部分のみで炎症が起きている状態のことを言います。歯肉以外の周りの組織はまだ健康な状態です。早期に炎症が治れば元の健康な歯肉に戻ることができます。

歯周炎とは…

歯肉の炎症がひどくなり歯周病原菌が歯周組織に侵入し歯を支えている周りの組織、歯槽骨や歯根膜などを破壊し始めます。歯周炎は重度にならないと痛みなど症状がわからないこともあります。さらに重度になると歯を支えている歯槽骨がとけ揺れがでてきます。そのまま放置すると最後には抜歯をしなければならなくなります。

 

歯周病は予防も治療もできます!!!そのためには毎日のブラッシングがとても重要になります!!!磨いているがきちんと磨けていなければお口の中に汚れが残り歯肉炎になってしまいます……家でのブラッシングだけでは取り切れないバイオフィルムという層がお口の中を悪くさせたりもしますので歯医者へのメンテナンスもとても重要なポイントになると思います!!!痛くなる前に…歯を抜かないといけなくなる前に…ご自身の歯をしっかり守っていきましょう!!!

 

歯科衛生士 大石 真穂