負のループ脱却!!!

 

皆さまは、虫歯になったらどうしますか?すぐに歯医者で治療しに行く人もいれば、しばらく放置してしまう人もおられるかもしれません。
どちらにしろ、最終的には「歯医者で治療」しなければ、腫れてきたり、痛くて我慢ができなくなる状態になってしまいますね。

さて、いざ歯医者に来たとして、あなたはその後の治療法をどう考えていますか?

①とりあえず保険内で早く治療を終えてほしい

②今回虫歯になった歯をセラミックやゴールドにしたい

③今回虫歯になった原因を突き止め2度と虫歯にならないようにしたい

どの治療法を選択しても間違いではありません。保険のみで治したい方もおられますし、見た目や色・精度の良いセラミックやゴールドにしたい方もおられます。歯並びや咬み合わせを考え、悪いところを全て直したいという方も少なくありません。

どの治療をしてもまずは今回できた「むし歯」に関しては進行を止め、治療することができます。

ただこの後が肝心で、「治した歯のむし歯の再発」を防ぎたいのであれば①を選択した人はかなりマメなセルフケアと定期的な歯科医院でのクリーニングが必要になってきます。②を選択した方もむし歯になった原因が治っていないのであれば、再度同じ歯がむし歯になったり別の歯がむし歯になるリスクは③に比べて否めません。

つまり、むし歯の治療をしたことに寄って、あなたには「二次カリエスになる」というリスクを伴ってしまったというわけです。

実は、歯医者で治すむし歯の70%は、一度治療した歯の再発であると言われています。
二次カリエスは、主に銀歯やプラスチックの樹脂による治療の跡によく出来るといわています。
これは、歯と銀歯をくっつけるためにセメントを利用するのですが、このセメントがちょっとしたきっかけとなってきます。セメントでくっつけられた銀歯は、時間の経過と共に劣化し、壊れてきます。
するとセメントが壊れた場所には凸凹が出来、そこに歯垢や細菌が溜まりやすくなり、二次カリエスの原因となります。
例えばこれがセラミックやゴールドであれば、歯垢が溜まりにくく、二次カリエスのリスクは銀歯に比べ大幅に下がります。

ですから、①・②・③どの治療を選んでも間違いではないですが、そのリスク管理は①を選んだ方はよほど気をつける必要があるということです。そして感違いをしやすいのは②を選んだからといって必ずしもむし歯にならないという訳ではありません。②を選んだ方もセルフケア・定期検診は大切です。
早い段階で③の治療を選んだ方は、むし歯や歯周病になりにくくなるのは確かです。

また、二次カリエスは一度で終わるわけではありません。小さな詰め物の二次カリエスからクラウン(大きな被せ物)になったり、クラウンの二次カリエスから抜歯(歯を抜く)になる方もおられます。

もちろん保険の歯が悪いわけではありません。保険の歯にするのであれば、それだけ気をつけましょうということを、私たちは患者さまにお伝えしています。
「自分が二次カリエスになるリスクがどれぐらいあるか」ということを覚えておくと、むし歯→二次カリエス→抜歯の日本人の負のループから脱却できると思います!

歯科衛生士 大野