歯周病と心臓病

 

先日、診療後のDH勉強会で、歯周病と全身疾患について勉強しました!!

歯周病と心臓病の関わりについて、教科書や当院にある本などを読み、もう一度自分でも勉強してみました!!

心臓の筋肉は、冠動脈と呼ばれる太い血管から栄養と酸素を得ています。この冠動脈が動脈硬化によって硬くなってしまい、血液の流れが悪くなった状態を狭心症と呼びます。

狭心症では、胸の圧迫感や痛みなどの一時的な発作が起こります。この狭心症がさらに進行して冠動脈が完全に詰まってしまい、心筋組織の壊死が起こった状態を心筋梗塞といいます。

では歯周病と心筋梗塞はどんな関係があるのでしょうか?心筋梗塞は動脈硬化が原因ですが、この動脈硬化の原因の一つとして、歯周病の原因菌への感染が考えられているのです。

 

口の中に住んでいた歯周病菌は、腫れ上がった歯肉から血管内に入り込みます。血管内に入った歯周病菌自体は通常、すぐに白血球によって退治されるのですが、一部の菌は血小板にまで入り込むことがあります。すると血小板が異常を起こし、固まりやすくなってしまう(血栓を作りやすくなってしまう)と考えられています。

 

全身疾患がある場合はや、お薬を服用している場合はスタッフにご報告下さい。

 

林歯科医院 歯科衛生士 中川 かおり