閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)について

 

こんにちは!林歯科医院歯科医師の鈴木です。本日は睡眠時無呼吸症候群についてご紹介したいと思います。睡眠時無呼吸症候群は、平成14年2月26日に山陽新幹線で発生したJR西日本の居眠り運転トラブルから、社会的にも認知されるようになりました。睡眠時無呼吸症候群にはその発症メカニズムから呼吸筋活動が停止する《中枢型》と、上気道が物理的に閉塞する《閉塞型》とに分類されますが、臨床的にほとんどの症例は後者ですので、今回は閉塞性睡眠時無呼吸症(以下OSA)についてご紹介していきたいと思います。OSAの原因は、上気道(のど)の閉塞であり、肥満、アデノイド肥大、口蓋扁桃肥大、大きい舌などがその原因となりえます。また、舌が喉の方に落ち込みやすい、下顎が小さい方もOSAになりやすいと言われています。欧米の患者と比べ、日本人の患者の特徴として挙げられるのが、肥満でないのに発症するケースが多いと言うことです。一昔前の考え方では、睡眠時無呼吸症候群は体格のいい、肥満体型の男性がかかる病気というイメージでしたが、実はそんなことは全くなく、ご高齢の小柄な女性などの患者様も多くいらっしゃいます。代表的な症状としては、いびき、日中の疲労感、昼間の急激な眠気などがありますが、それに加え高血圧、心不全、糖尿病とも関連することはあまり知られておりません。OSAはまだ『いびきや息が止まる体裁の悪い病気』『自分だけなら何も困らない病気』と誤解されている面もありますが、命に関わることもある重大な疾患です。治療方法としては、医科で用いる大きな鼻マスクのような装置を終夜用いるCPAPというものと、我々歯科で作成するOSA専用マウスピースである OAとが代表的なものです。(マウスピースは歯ぎしり用のもの等とは異なるものです。)まずは耳鼻咽喉科や循環器内科などの医療機関を受診し、医師の診察を受けましょう。その中でOAの適応となる患者様は、我々歯科医師が装置を作成いたします。

※OSA用マウスピースは医師の診断と紹介状がない限り作成することができません。

以下のリストがOSAのチェック表になります。心当たりがある方は早めに医療機関を受診しましょう。

 

《OSAの為の、 STOP-Bangスコア》

※3項目以上陽性の方は、早めの検査をお勧めします。

・Snoring(いびき)

・Tiredness during daytime(日中の疲労感)

・Observed apnea(周囲からの無呼吸の指摘)

・high blood Pressure(高血圧)

・BMI(体重kg÷身長m÷身長m)が35以上

・Age(年齢)が50以上

・Neck circ.(首回り)が40cm以上

・Gender(性別)が男性

 

林歯科医院 歯科医師 鈴木 隆太郎