むし歯の痛み

 

むし歯の痛みには、さまざまな症状があります。

 

しみる、ズキズキ痛む、かむと痛む、夜になると痛む、、、などなど、あると思います。

 

①冷たいもの、温かいものがしみる。ときどき痛む。

そんなときは、麻酔をして、むし歯の進行している部分を削って除去し、型どりをして、詰めものを入れます。

治療は、2、3回で終わると思います。

 

②何もしなくてもズキズキ痛む、夜になると痛む。

そんなときは、神経まで、むし歯が進行してしまっている可能性があります。

麻酔をして、むし歯の進行している部分を削って除去し、歯の神経を除去します。そして、歯の根をきれいにして、薬を入れて、土台を立てて、かぶせ物をかぶせます。

治療は、何回かかるか断言できません。むし歯に侵されてしまった根が、どのくらいできれいになるかがわからないからです。

 

むし歯になっていても痛まないから、もう少し様子を見よう。

痛みはあるけど、治ったから、もう少し様子を見よう。

そんなむし歯を放置しておくと、さらに悪化し、根まで侵されて、もう歯を抜くしか処置ができなくなってしまいます。

 

痛まないむし歯も、痛むけどおさまったむし歯も、放置しても治ることはありません。

何歳になっても、ご自身の歯で美味しいものを食べ、笑顔のステキな楽しい毎日のためにも、早めにむし歯の治療をしましょう!!

歯科衛生士 伊藤 友美